生産効率を上げたい 生産効率を上げたい

お客様の課題 生産効率を上げたい

作業時間

生産効率を上げるには既存のオペレーションを改善するか新しい方法を取り入れる必要があります。このページでは急速冷凍機を活用して生産効率を上げる方法をご紹介し、皆様のお悩みを解決。成功事例や関連サービスなどもご紹介しますので是非ご覧ください。

お客様からよく聞くご相談

  • 現在の設備では生産量を増やせない
  • 味が落ちやすく商品をストックしておけないため生産量を増やせない
  • 効率を上げさらに生産量を増やしたい
  • 生産量を増やしより多くの人に商品を届けたい

そのお悩み デイブレイクが解決します!

コンサルタント

商品に関するご提案

冷凍加工で生産性アップ 冷凍加工で生産性アップ

冷凍加工の改善

稼働時間の延長
凍結時間短縮生産量アップ

1日フル稼働しても品質が落ちない急速冷凍機を活用することで、これまで霜取りで稼働できなかった時間にも商品を凍結することができ、生産量を増やすことができます。

また、凍結速度も一般のショックフリーザーに比べ格段に早いため、さらに生産効率を改善することが可能です。

ご提案

仕込み時間の削減 仕込み時間の削減

仕込みの効率化

仕込んだ食材を事前に冷凍し
営業時間の生産性アップ

事前に仕込んだ食材を冷凍しておくことで、当日の仕込み作業が軽減し、アルバイトのスタッフでも楽に調理や盛り付けを行うことができます。

誰でも盛り付け調理ができるようになり、人件費を削減しつつ時間に余裕が生まれることで、さらに店を良くするための時間を作ることができます。

お気軽にご相談ください。

特殊急速冷凍・解凍に関することなら、デイブレイクへおまかせください。

お電話でも承っております。

03-6453-7357

(受付時間:平日9:30~18:00)

ページ上部へ戻る