【ラーメンの凍結】急速冷凍デモ

2017-4-20

Japanese Ramen noodles
今回は、神奈川県のお客様のデモンストレーションを行いました。

ラーメンをもっと手軽に食べられるように、冷凍ラーメンの通信販売を行いたいとの想いから機材の導入を検討している方でした。

一般的にラーメンはそのお店でしか食べることができません。

ですが急速冷凍することでご自宅でもお店の味を楽しむことができます。

ラーメンの凍結

ラーメンの凍結

ラーメンのスープは通常の冷凍庫(-18℃)では冷凍が難しいといわれています。

その理由は油分が多く含まれているからで、水と比較すると冷凍時間が数倍かかり、量によっては凍結できないこともあります。

冷凍に時間がかかればかかるほど、出来立てのラーメンスープは香りがとんでしまう、酸化が進んでしまうなど品質の劣化が著しく、鍋ごと冷凍しようとすると凍結する前にスープが腐敗してしまうこともあります。

また、スープの中に麺が入った状態で凍結した場合、解凍して食べる際に麺がスープを吸ってしまい、麺がのびてしまって出来立てとは程遠い状態となってしまいます。

急速冷凍を導入することで、時間を短縮すると同時に鮮度をキープすることができます。

急速冷凍機

急速冷凍機

今回は麺類の実績が多い「3Dフリーザー」で、デモンストレーションを行いました。

3Dフリーザーは、奥に見える特殊な形状のファンで庫内に高湿度の3D冷気を巻き起こす、特殊急速冷凍機です。

3Dフリーザーを使いうことで品質の低下を防ぎ、短時間で冷凍することができます。

また、霜がつきにくく連続運転に強いのも特徴です。

⇒⇒ 3Dフリーザーの詳しい説明はこちら

ラーメンの急速冷凍

ラーメンの急速冷凍

お客様は「3Dフリーザー」での凍結速度の早さに驚かれており、すぐにでも購入したいとの気持ちがあるようで、満足していらっしゃいました。

「3Dフリーザー」は、ラーメンだけでなくさまざまな食品に使用することができます。

既存の事業の品質向上はもちろん、新たな事業の展開廃棄ロスの削減なども実現することができます。

⇒⇒ 今すぐテストルームをチェックする

凍結比較テストに関して

弊社のテストルームでは、複数の急速冷凍機を同時に試すことができます。実際にご自身の食品をお持ち込みいただき、急速冷凍機の品質の差をご自身の舌で確認することでお客様に最適な急速冷凍機を選ぶことができます。

食品の種類や量、調理方法によって最適な急速冷凍機は異なり、品質に大きな影響が出てしまいます

実際に、テストせずに急速冷凍機を選んでしまい品質が思った以上に悪く使えないというお悩みの声を多くいただきます。

急速冷凍機の選定に失敗したくないという方は是非一度お越しいただき急速冷凍の品質を体感していただければと思います。

遠方からのお客様も多く、連日多くの方からお越しいただいておりますので、
もしご興味ございましたらご気軽にご連絡ください。

⇒⇒ 今すぐテストルームをチェックする

⇒⇒ 急速冷凍機の資料をダウンロードする

製品資料

お問い合わせ凍結デモの解凍結果や、その他の事例など、急速冷凍に関する詳細な資料はこちらからダウンロードできます。ご質問もお気軽にご連絡ください。

03-6453-7357

受付時間:平日 9:30~18:00

  • 今すぐ製品資料をダウンロードする
  • お問い合わせ・ ご質問
品川新馬場徒歩3分

品川新馬場徒歩3分弊社では、凍結デモを行なえる凍結比較テストルームをご用意。テストをご希望の方はお気軽にご連絡ください。

>凍結比較テストルーム詳細はこちら

  • すべての急速冷凍機を 一度に試せます!
  • 凍結比較テストを予約

ページ上部へ戻る