【知って得する!】カレーの冷凍方法、冷凍保存期間、解凍方法を紹介

カレー
たくさん作ったカレーを何日も食べて飽きてしまった経験はありませんか。

冷凍して保存すれば長期間保存することができ、使いたいときに使うことができます。

カレーの冷凍方法、保存期間、解凍方法など写真付きで解説します。

カレーの常温保存

カレーの保存

カレーの常温保存期間

カレーは非常に菌が繁殖しやすいので、日持ちしにくい食べ物です。

なので基本的に常温保存はお勧めしません。常温保存する場合は、1日が限度と考えましょう。

カレーの常温保存方法

カレーを常温保存するときは、朝、昼、晩とこまめに加熱しましょう。カレーに含まれるほとんどの細菌は、75℃で60秒以上加熱することで殺菌できます。

加熱する時はかき混ぜながらまんべんなく火が通るようにしましょう。

カレーの冷蔵保存方法

カレーの冷蔵保存期間

カレーを冷蔵保存すると2~3日程度日持ちします。それ以上の期間保存する場合は、冷凍保存がおススメです。

カレーの冷蔵保存方法

1.カレーを冷蔵庫に入れる前に、しっかりと粗熱を取ります。カレーの中にいる細菌は、5℃~60℃の温度帯で増殖するので、食べる分を取ったら残りはサッと冷ましてしまいましょう。

氷水で冷やす

鍋を氷水が入った桶に入れ、全体をかき混ぜながら冷ます方法がおススメです。

ぬれタオルで冷やす

保存容器に取り分けてから冷ます場合は、ぬれぞうきんの上に置いておくとすぐに冷めます。

2.粗熱が取れたら容器に入れ、冷蔵庫で保管しましょう。

カレーの冷凍保存方法

カレーの冷凍保存期間

カレーを冷凍する場合、1か月が保存期間の目安になります。ただし、冷凍している間も少しずつ酸化などにより劣化してしまうので、2週間を目安に食べきると美味しくいただけます。

カレーを冷凍保存する時のポイント

カレーを冷凍する時によく使われるのが、ジップロックとタッパーです。どちらを使う場合でも以下の2点がポイントです。

1食分(約200g)に分けて冷凍します。こうすると食べるときに必要な分だけ解凍出来て便利です。

ニンジン、ジャガイモは冷凍に不向きなので、冷凍する前に取り除くか潰しておきます。特にじゃがいもは冷凍すると中の水分が抜けてぼそぼそとした食感になってしまいます。

ジップロックでの冷凍保存方法

冷凍する時にジップロックを使うと、薄いので冷凍庫に入れやすい、解凍する時に凍ったまま湯煎できる、といったメリットがあります。

一方でジップロックに匂いがついてしまうので、匂いが気になるときはガラス製のタッパーを使った方法もおススメです。

1.しっかり粗熱をとったカレーをジップロックに入れます。長期間保存するときは日付を書くのを忘れずに。

ジップロックとコップ
袋の入り口を外側に折ると汚れずに入れられます。


ジップロックに入れる
袋の底に茶碗などを置くと入れやすいです。

2.平らにしてチャックをしめます。こうすると冷凍庫に縦に入れられるのでかさばりません。しめる時は出来るだけ空気を抜きましょう。保管中にカレーが酸化してしまうのを防げます。 

ジップロックに入ったカレー

3.冷凍庫に入れて冷凍します。

冷凍庫で保存

タッパーを使った保存方法

タッパーを使って冷凍保存するなら、ガラス製のものがおすすめです!

タッパーでカレーを保管すると匂いがついてしまうのが難点ですが、ガラス製のタッパーは匂いや色が移りにくく、油汚れにも強いのが特徴です。

また、耐熱性のものだと解凍する時に電子レンジで加熱できるのでなお良いでしょう。

1.タッパーの上にラップを敷き、その上にカレーを入れます。タッパーににおいが移るのを防げ、洗うのも楽になります。

タッパーに入れる

2.上からラップをして空気に触れないようにします。カレーは油分が多く酸化しやすいので、空気に触れないようにしましょう。

ラップで包んで保存

カレーの解凍方法

カレーの解凍方法

食べる前日に冷蔵庫に移して冷蔵解凍するのがベストです。その後電子レンジで加熱するか、鍋に移して加熱すると美味しくいただけます。

また、ジップロックで冷凍した場合、凍ったまま湯煎するのでもOKです。

ここまでカレーの冷凍についてご紹介してきました。

カレーは冷凍しても味が落ちにくく、美味しい状態で食べることができます。また、急速冷凍という一般的な冷凍より品質が良い冷凍を施したカレーがあります。

急速冷凍するとカレーだけでなくナンも冷凍することができるため、自宅で本格的なインドカレーとナンを味わうことができます。

ご自宅で作ったカレーとは一味違う美味しさを味わって見てはいかがですか?

業務用の冷凍保存方法

ここまでは家庭で簡単にできるカレーの保存方法をご紹介しました。次に飲食店さんなどでも使える上級者向けの冷凍保存方法をご紹介します。

この方法を使うと美味しさを保ったまま6か月程度カレーを保管することができます!

1.カレーを真空包装します。アツアツのままで大丈夫です。

真空包装機
このような小型の真空包装機を使います

2.真空包装したカレーを急速冷凍庫に入れます。冷凍する時に食品を傷つけないので、ジャガイモやニンジンがパサパサするのを防ぐことができます。ルーの水が分離してしまうこともありません。

急速冷凍機
真空包装したカレーを3Dフリーザーの中に入れます。

急速冷凍について詳しい説明はこちら
https://shunkashutou.com/column/quick-freezing-definition/

3.カレーが凍ったら-30℃の業務用冷凍庫に保管します。-20℃だと進行してしまう食品の劣化も、-30℃なら大幅に防ぐことができます。この状態で、約6か月間保管できます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。たくさん作って保存することの多いカレーですが、保存期間によって保存方法を使い分けるのがポイントです。

冷凍保存するにあたり、匂い移りを防ぐ方法などもご紹介しましたので、ご家庭でぜひ実践してみてください。

食で得する情報を受け取る

  フェイスブックで情報を受け取りたい方はこちら!!

今すぐ高品質な食材を探す!
いいなと思ったらシェア!
合わせて読むとおトクな記事

カテゴリー

食で得する情報を受け取る

ページ上部へ戻る