【揚げ方まで解説!】春巻きの冷凍保存方法と厳選レシピ5選を紹介!

春巻きを冷凍するメリット

春巻きを冷凍するメリット

食べきれなかった春巻きを保存することができる

春巻きの皮はだいたい10枚以上で販売されています。10枚分1度に食べきれない場合は保存期間が長い(約1か月)冷凍保存がオススメです。

冷凍しておくことで時短調理できる

手作り春巻きを作る際、具材を切ったて炒めたり、巻いたりなどしなければいけません。
冷凍保存しておけば、揚げるだけ、レンジでチンするだけでいつでもおいしい手作り春巻きを食べることができます。

好きな時に、好きな分だけ調理できるので活用の幅が広がる

一人暮らしのおかず、晩酌のおつまみ、食卓が寂しいときのもう1品、お弁当のおかずなどに好きな時に好きな分だけ調理していただけます。

春巻きの冷凍方法

揚げる前の春巻きの冷凍方法

春巻きの冷凍方法

1) 揚げる前の状態まで調理した春巻きを1つずつラップでくるみます
2)1)を金属製(アルミ製など)のトレイに重ならないように並べて冷凍庫へ入れます
 金属製のトレイは熱伝導性が高いため、早く熱を逃がすことができます。なるべく早く冷凍することで春巻きに霜が付きにくく肉のうまみも逃さないよう冷凍することができます。

春巻きの冷凍方法

3)春巻きが冷凍できたら、密封容器(ジップロックやタッパーなど)に入れてなるべく空気を抜いた状態で冷凍庫に入れて保存します。
冷凍庫内で空気に触れて劣化するのを防ぐためです。

春巻きの冷凍方法

揚げた後の春巻きの冷凍方法

1)揚げた後、春巻きの粗熱を十分にとります。
2) 1度に使用する予定の個数でラップにくるみます。(おかず用、お弁当用など)

春巻きの冷凍方法

3)2)を金属製(アルミ製など)のトレイに重ならないように並べて冷凍庫へ入れます
4)春巻きが冷凍できたら、密封容器(ジップロックやタッパーなど)に入れてなるべく空気を抜いた状態で冷凍庫に入れて保存します。

春巻きの冷凍方法

春巻きの皮の冷凍方法

春巻きを作る際、タネが足りずに皮が余ってしまうことがあります。その際、春巻きの皮だけでも冷凍保存ができるので保存方法を紹介します。
1) 皮1枚おきにラップかクッキングシートで挟みます
皮が解凍した際にくっついてしまうことを防ぐためです

春巻きの皮の冷凍方法
春巻きの皮の冷凍方法

2) ラップに包み、密封できる容器(フリーザーパックやタッパー)に入れできるだけ空気を抜き冷凍庫に入れます。
皮の乾燥を防ぐためです。

春巻きの皮の冷凍方法

タネの冷凍できる?

春巻きの冷凍方法

タネを冷凍することもできますが、使用する際解凍をしてから皮を巻いて揚げるということになります。皮を巻いてから冷凍すると、冷凍したまま揚げ調理ができるので、タネのまま冷凍するメリットがありません。

なのでタネは冷蔵保存がオススメです。できるだけ空気が入らないようにしっかりラップをかけて2日間以内に使い切るようにしましょう。

冷凍春巻きの調理・解凍方法

冷凍春巻きの調理・解凍方法

冷凍春巻きの調理方法

春巻きは解凍してから揚げると、皮がべチャッとしてしまい大変破れやすい状態になってしまいます。
そのため、「冷凍した状態のまま揚げ調理」をします。
1) 冷凍したままの春巻きを160℃に熱した油に入れます
温度は低めで始めは揚げます。高温で初めから揚げてしまうと中には火が通らず表面だけこげてしまうので、低温でじっくり上げています。
2) 表面がきつね色に変わったら、裏返して両面をきつね色になるまで待ちます
3) 170℃~180℃に温度を上げてカラッと揚げます。
4) 表面がカラッとしたら取り出して油をきって完成

揚げた後の冷凍春巻きの調理方法

食べる前日に冷蔵庫に移して自然解凍しておきます
2)1)をレンジで加熱して完成
レンジで加熱するだけでももちろんいいのですが、さらにカリッとサクッとした食感を出すために
①1)を再度揚げる
②1)をくしゃくしゃにしたアルミホイルに乗せてオーブントースターで加熱
トースターではこげやすいので、こげないよう加熱中は目を離さない
③1)を少量の油をひいたフライパンで加熱        
という方法もあります。 

冷凍した皮の解凍方法

使用する2時間ほど前に冷蔵庫に入れて自然解凍をしてください。冷凍された皮は割れやすいので扱いに注意してください。保存期間は約1か月間です。

春巻きの保存期間

春巻きは
「常温」では数時間(具材の水分を吸った皮も具材自体も傷みやすいため)
「冷蔵」ではタネのみの保存の場合で約2日
(巻いた状態の春巻きは水分を皮が吸ってしまい傷みやすく、食感も調理のしやすさもよくないため冷蔵保存は不可)
「冷凍」では約1か月間保存ができます。
春巻きの保存は「冷凍」のみが有効であるといえます。

絶品!春巻きのレシピ5選

ここでは春巻きのアレンジレシピとして余ってしまった春巻きの皮を活用できるアレンジレシピを紹介します。どれも手軽に作ることができるメニューになっていますので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

大葉がアクセント!ささみチーズ春巻

大葉がアクセン、ささみチーズ春巻
出典:https://cookpad.com/recipe/1241516

チーズが春巻きの皮で包み込めるので簡単調理♪お弁当にも最適です。

〈材料〉
ささみ 3本
塩こしょう 適量
酒 適量
スライスチーズ(ピザ用チーズでも代用可) 5枚
大葉 10枚
練り梅(梅干しのタネを取り包丁でたたいたもの) お好みで
春巻の皮10枚
水溶き小麦粉適量 皮接着用
サラダ油 適量

<作り方>
1)ささみの筋を取ります。
2)1)のささみに塩こしょう、酒を振りかけ耐熱容器に乗せます。
ラップをしてレンジで2分ほど加熱します。火が通ったらささみを手で細かくほぐします。
3)スライスチーズは2等分する。
4)春巻の皮のギリギリ下あたりに3)のチーズと2)でほぐしたささみ(とお好みで練り梅)を置き、下から巻いていきます。
5)2回巻いた位置で、大葉を半分挟み込みます。
6)両サイドを折り込み、最後まで巻いて水溶き小麦粉で端を留めます。
7)フライパンにサラダ油を熱し、春巻がきつね色になるまで揚げたら完成

簡単お弁当 キャベツとハムチーの春巻き

簡単お弁当 キャベツとハムチーの春巻き
出典:https://cookpad.com/recipe/919831

キャベツの緑とハムのピンク、チーズの白の色合いがお弁当に映えます!
作り方も簡単なのがいいですよ。

〈材料〉
春巻きの皮 1枚
キャベツ 1/2枚
ハム 半分
スライスチーズ 1枚
黒コショウ お好み
水 お好み
油 お好み 

<作り方>
1)キャベツとハムは、千切りにしておきます。
2)春巻きの皮にハム、チーズ、キャベツの順に乗せまます。お好みで最後に黒コショウを振ります。
3)春巻きを巻いていきます。巻き終わりは水溶き小麦粉で接着します。
4)多めの油を引いたフライパンで色をつけて出来上がりです。
冷凍にする際にはキャベツの水分をなるべく取っておくことが失敗しないコツになります。塩もみして絞ってもいいでしょう。

豚肉とピーマンの春巻き

ミニハンバーグでアレンジ ロールキャベツ
出典:https://cookpad.com/recipe/2602317

程よい酸味とピーマンの食感がクセになる春巻きです。

〈材料2人分〉
お酢 大さじ1
春雨 15g
ピーマン3個ほど
たまねぎ 1/2個
豚ひき肉 100g
春巻きの皮 4枚
サラダ油 適量
こしょう 少々
オイスターソースかしょうゆ 大さじ1
【A】とろみ付け用
片栗粉 小さじ1/2
水大さじ 1
【B】皮接着用
小麦粉 小さじ1
水小さじ 1/2

<作り方>
1)春雨は熱湯や水に既定の時間浸して戻しておきます。長さを5cm程度に切っておくと食べやすいです。
2)ピーマンと玉ねぎを細切りにしておきます。
3)フライパンに豚ひき肉とお酢、オイスターソースまたはしょうゆを入れてまぜ、中火で混ぜ合わせます。
4)肉に火が通ってきたらたまねぎを入れます。たまねぎがしんなりしたらピーマン、春雨を順に加えます。このときピーマンの食感を残しておくようにいためておきましょう。
5)全体に味がなじんだらこしょうで味を調えます。
【A】を合わせた水溶き片栗粉を加えて炒め合わせます。
6)5)を4等分して春巻きの皮で包みます。【B】の水溶き小麦粉で皮の終わりを接着します。
7)フライパンにサラダ油を底から1〜2cm程度まで入れて熱し、6)を揚げ焼きにして完成。

カレーリメイク スティック春巻き&チーズ

カレーリメイク スティック春巻き&チーズ
出典:https://cookpad.com/recipe/4186196

余ってしまったドライカレーをチーズと春巻きの皮で巻くだけのアレンジメニューです。
子供にも大人気間違いなしです。ご飯が進むメニューになりますよ!
ドライカレーはない普通のカレーでも使えます。

〈材料〉
カレー(残りもの)あるだけ (ドライカレーでも普通のカレーでも可)
春巻きの皮適量
スライスチーズ適量
普通のカレーの場合 じゃがいも 適量

<作り方>
1)ドライカレーの場合はそのままでOKです。普通のカレーの場合はレンジで柔らかくなるまで加熱したじゃがいもを潰して加えるなどして、固さを調整します。(春巻きの皮に乗せられる粘度にします)
じゃがいもは皮ごと洗い、水気がついたままラップで包みレンジで柔らかくなるまで加熱します。皮をむき潰し、カレーに加えて味と粘り気具合を調整します。
2)春巻きの皮を横長に半分に切ります。スライスチーズを細長く切り、手前に乗せます。
両端は少し空けておきます。
3)チーズの上に粗熱を取ったカレーを乗せます。その上にチーズを重ねます。
4)チーズとカレーをのせた手前以外の3辺の皮のふちに水溶き小麦粉を塗ります。
5)手前から巻き上げます。巻き終えたら、両側は指で押さえしっかりくっつけます。
6)油をひいたフライパンに5)を入れ、弱めの中火でじっくり揚げ焼きにします。
皮が破れやすくなっているので、注意して作業してください。
7)焼き色が付いたら、お皿に盛り付けて完成

お餅とあんこのスイーツ春巻

お餅とあんこのスイーツ春巻
出典:https://cookpad.com/recipe/1418864

春巻きの皮のパリパリ食感とお餅のもちもち食感がたまりません。手軽に春巻きの皮で和スイーツを作ってみませんか?

〈材料(2本分)〉
春巻きの皮2枚
お餅1個
あんこ 適量
(または大福(一口サイズ)4個)
サラダ油 適量
■ 水溶き小麦粉
小麦粉 大さじ1
水 大さじ1

<作り方>
1)お餅を縦4等分に切ります。
2)皮の手前の部分にお餅を横並びに2個置き、その上にあんこをのせて巻きます。
巻き終わりを水溶き小麦粉でとめます。
(お餅とあんこの代わりに大福を使う場合)
少し引っ張って細長くして2個くっつけて横並びに置いて巻きます。巻き終わりを水溶き小麦粉でとめます。
3) 春巻きの皮の表面に薄くサラダ油を塗り、オーブントースターできつね色に焼けたら完成。
春巻きの皮はこげやすいので焼いているときは離れずに焼き色を見ておきましょう。

まとめ

春巻きの保存が難しい理由は、具材の水分を皮が吸収してしまうためです。皮がベチャっとしてしまうと破れやすくカリッと揚げることも難しくなってしまいます。
そのため保存方法は冷蔵ではなく冷凍保存が適しているといえるのです。

よりおいしい冷凍春巻きを作るには、水分が出にくい具材を使うこともポイントです。

そして、揚げるときにも「冷凍のまま揚げる」ことと「温度は低温から揚げる」ことがおおきなポイントでした。
この重要なポイントをおさえて、手作り春巻きを便利に活用していきましょう。

食で得する情報を受け取る

  フェイスブックで情報を受け取りたい方はこちら!!

今すぐ高品質な食材を探す!
いいなと思ったらシェア!
合わせて読むとおトクな記事

カテゴリー

食で得する情報を受け取る

ページ上部へ戻る