製品ラインナップ一覧
リ・ジョイスフリーザー

液体凍結機 リ・ジョイスフリーザー

デパック

高品質解凍・鮮度保持庫 デパック

氷感庫

長期保存冷蔵庫 氷感庫

氷点熟成機

長期保存冷蔵庫 氷点熟成機

鮮度保持電場装置「DENBA」

特殊冷凍 鮮度保持電場装置「DENBA」

【顧客満足度向上!】高齢者向け宅配弁当業者で急速冷凍機を導入して解決できること

高齢者向けの宅配弁当業者では、コストを抑えて美味しいお弁当を届けるために、さまざまな工夫をしているのではないでしょうか?

 

また、毎日お弁当を頼まれるお客様を飽きさせないために、多様なメニュー開発に取り組まれていることと思います。

とは言っても、毎日豊富なメニューのお弁当を作るのには人手がかかります。さらに、宅配弁当の場合、配送にもコストがかかります。

急速冷凍することで、作りたての美味しさをそのまま維持しながら冷凍のメリットを享受できます。

まず一つ目は、昼前に集中していた調理作業の負担を軽減し、人件費を削減できます

二つ目は、調理の負担が減ることで多品種のメニューにも対応できるようになります。

三つ目は、お弁当の生産コストを削減した分の経営資源を配送サービスに回すことで、より丁寧なお客様対応が可能になります。

高齢者向けの宅配弁当業者の方は必見です!

 

宅配弁当業者での課題、問題点とは?

課題

毎日出来立てを調理するために人手がかかる

すこしでも美味しいお弁当を届けるために、毎日出来立てのお弁当を作り、配送している業者の方も多いと思います。しかし、お昼時など配達が集中するときに出来立てを用意しようとすると、多くの人件費がかかります

調理の負担を減らすためにクイックチルなどの冷凍に頼ると、品質の面で手作りに劣ってしまいます。

豊富なメニューを届けることが難しい

高齢者向けの宅配弁当は、多くの場合期間契約をしてその期間毎日お弁当を届けます。そのような場合、お客様がお弁当に飽きないよう毎日違うメニューを提供することが大切です

しかし、多様なメニューを用意するのは難しい場合も多いのが現状です。お弁当を届ける時間帯はどのお客様もほとんど同じなので、手作りにこだわる場合はその直前に作業が集中し、何種類もの料理を作る余裕がなくなってしまうからです。

また特に小規模な事業の場合は、人手が少ないのでメニュー開発にかける時間も少なくなります。

配送にコストがかかる

宅配

高齢者向けの宅配弁当業者はお弁当を作るだけでなく、それを届けることも必要になってきます。個人のお客様向けの場合、多くの人手を使って車で一軒一軒回って届ける必要があります。

その場合、ガソリン代、駐車料金、人件費など、多くのコストがかかります。

急速冷凍とは

急速冷凍機

急速冷凍とは、短時間に素早く凍らせることで食品に対するダメージを防ぐことができる冷凍方法です。つまり、冷凍のメリットを享受しつつ、品質も冷凍前と変わらない状態を保てるのです。

通常の方法で冷凍すると、食品内の水分が凍る際に氷の結晶が細胞を破壊してしまい、食感や風味が悪くなってしまいます。

しかし、急速冷凍すると食品の細胞を破壊しない程度の小さい氷の結晶が生成されるため、食品の品質を落さずに凍らせることが可能。結果、解凍時に生鮮品はとれたての鮮度、調理品は作りたての美味しさを再現できます。

急速冷凍は生鮮品、調理品、デザートまで、幅広い食品を冷凍するのに使われています。まとめて仕入れて冷凍保存する、まとめて調理し冷凍保存することで、ロスを削減しコストを抑えることができます。また、作業効率も上がるので、人件費の削減や時間の有効活用が可能です。

今回は高齢者向けの宅配弁当業者が急速冷凍機を導入することでどのようなメリットが生まれるのか、詳しく見ていきたいと思います。

急速冷凍機を導入して実現できること

老人の食事

作業時間を平準化して人件費を削減できる

まとめて調理して作り置きができるので、作業効率が上がり人件費を削減できます。

例えば、今まで毎日お昼に合わせて調理していたお弁当を2日ごとに作り、必要に合わせて解凍することが可能になります。お昼前に必要な人数が減り、人件費が削減できます。

品質は出来立てと変わらないので、高品質、低価格のお弁当を届けられるようになります。

多品種メニューに対応できるようになる

高齢者に毎日お弁当を届ける場合、多彩なメニューを届けることが大切です。そして急速冷凍を導入すると作業効率が上がり、浮いた分の作業時間でより多くのメニューを作ることが可能になります。

また、今まで鮮度の問題で扱えなかった食材が使用直前まで冷凍保存することでお弁当にも使えるようになり、選択肢が広がります。新メニューの試作などに時間を費やすこともできるようになります。

配送サービスに力を入れることが出来る

笑顔の宅配

製造コストを削減した分配送サービスに力を入れ、高齢者の安否確認などお弁当以外の価値を届けることが出来るようになります。

お弁当を届ける場合、レストランと違って食べているお客さんの顔が見えません。そのため、配達する時がお客様との数少ない接点になり、短い時間でお客様の声を持ち帰ることがサービスの向上につながります

また、高齢者向けのお弁当を届ける場合、配送は安否確認も兼ねた場合があります。配送スタッフが相談や世間話、食べ方の紹介など話し相手になることは可能で、それが高齢者の安心の材料になります。

このように、配送サービスはお客様の満足度に直結してくるため、配送にコストがかかっても、顧客との接点を大事にするために力を入れたい宅配弁当業者も多いのが現状です。

急速冷凍機を導入すれば、製造コストを削減できた分で配送人員を増やし、今までは配送するだけで手いっぱいだったものを、一軒当たりの時間を増やすことでしっかりとお客様の声を聴くことが出来るようになります。

まとめ

限られた人手の中でおいしい食事を作り、届けるために、高齢者向けの宅配弁当業者の方は様々な工夫や努力をしているかと思います。

しかし、お弁当を作るのと同時に一軒一軒届けるのは大変で、コストと品質の両立に悩まれている方も多いのが現状です。

急速冷凍機を導入すると作業効率が良くなり、その分メニューを増やしたり配送サービスに力を入れたりでき、サービスの向上につながります。

このように、数多くのメリットがありますので、高齢者向けの宅配弁当業者の方も急速凍結機を導入される方が急速に増えている現状があります。

まだ導入されていない方は一度検討してみることをオススメいたします。

この記事の監修者

木下 昌之

デイブレイク代表
木下 昌之

70年続く老舗冷凍機屋の3代目。2013年、特殊冷凍テクノロジー×ITを軸に国内唯一の特殊冷凍機の専門会社としてデイブレイクを創業。各種メディアや書籍「フードテック革命」にてフードテック企業の代表格として紹介されるなど、「急速冷凍」をコアに食品流通業界の根本改革に邁進中。

完全予約制凍結比較テスト

国内で唯一!凍結比較テスト

\ お申し込みはこちら!/

ご予約フォーム

お電話でもご予約を承っております。

03-6433-2855

(受付時間:平日9:30~18:00)

Related 関連記事

弊社は急速冷凍のスペシャリスト! まずはお気軽にご相談ください。

03-6433-2855

(受付時間:平日9:30~18:00)

『結局、どの機種がいいの?』と
お悩みの方にオススメ !

急速冷凍機診断