製品ラインナップ一覧
リ・ジョイスフリーザー

液体凍結機 リ・ジョイスフリーザー

デパック

高品質解凍・鮮度保持庫 デパック

氷感庫

長期保存冷蔵庫 氷感庫

氷点熟成機

長期保存冷蔵庫 氷点熟成機

鮮度保持電場装置「DENBA」

特殊冷凍 鮮度保持電場装置「DENBA」

冷凍技術の種類

冷凍といえば、家庭にある冷蔵庫の冷凍室のイメージをされる方が多いと思います。

 

このタイプはエアーブラスト方式といって一番普及している冷凍の方式ですが、実はひとえに冷凍といっても様々な技術があります。

代表的なものは以下の通りです。

1.エアーブラスト方式(空気凍結)
2.リキッド方式(液体凍結)
3.コンタクト方式(接触式凍結)
4.液化ガス方式

エアーブラスト方式(空気凍結)

一番なじみが深く普及している方式です。
冷やした空気を吹き込むことで、冷凍庫内の温度を下げ冷凍を行います。

リキッド方式(液体凍結)

−10℃~-35℃に冷やした液体に、食品を浸けることで冷凍を行います。

氷水に物を入れて冷やすのと同様で、0℃でも凍らないアルコール等の液体を媒体(ブライン)として凍結する方法です。

コンタクト方式(接触式凍結)

低温の冷凍板に食品を接触させて凍結する方法で、冷やした板から伝わる熱量が(空気と比較して)大きい事を利用した冷却方法です。

冷却効率を上げるため、冷凍板で食品を挟み、圧力をかける設備が多く見られます。

液化ガス方式

−196℃の液体窒素や−79℃の液化炭酸ガスを、食品に直接吹き付けて凍結する方式です。

圧倒的に温度の低い媒体を利用して、食品を一気に凍結します。

冷凍の現場では、複数の方式を組み合わせた設備もあります。
それぞれの方式には一長一短があり、その凍結方法に適した食品も異なる為、最適な冷凍方式の設備を選択する必要があります。

⇒⇒ 圧倒的な冷凍スピードを誇る、急速冷凍技術とは?

完全予約制凍結比較テスト

国内で唯一!凍結比較テスト

\ お申し込みはこちら!/

ご予約フォーム

お電話でもご予約を承っております。

03-6433-2855

(受付時間:平日9:30~18:00)

弊社は急速冷凍のスペシャリスト! まずはお気軽にご相談ください。

03-6433-2855

(受付時間:平日9:30~18:00)

『結局、どの機種がいいの?』と
お悩みの方にオススメ !

急速冷凍機診断