【人手不足を解消!】クックフリーズシステムのメリットをご紹介!

95e9f56fecc5fd995cb205bd5b13596c_s
少ない人手でたくさんの料理を提供できるクックフリーズシステムをご存知ですか?

クックフリーズは調理後すぐに冷凍することで作業を効率化しつつ、美味しい状態で提供するシステムのこと。最近では導入しているお店がどんどん増えています。

近年、特に飲食店などでは人手不足でバイトを雇うのも難しい現状です。クックフリーズシステムはそういった飲食店の課題を解決する方法の1つです。今のうちからしっかり知っておかないと流れに乗り遅れてしまう可能性もあります。

そこで当ページではクックフリーズとは何なのか、導入時のメリットやデメリットなどご紹介します。さらに冷凍しても品質を落とさずに商品を提供できる急速冷凍についてもご紹介します。

是非、最後までご覧いただき時代の流れに遅れずお店の課題を解決してください。

クックフリーズシステムとは

セントラルキッチンで調理
出典:http://www.hiraoka.ac.jp/blog/?m=2007&paged=52

まずはクックフリーズシステムとは何なのか解説します。

クックフリーズとは調理後すぐに冷凍し始め(加熱調理後30分以内)、細菌が増える前に冷凍保存し(90分以内に中心温度を-5℃以下)、提供する際に温める調理方法です。加熱調理後、食品の細菌が増殖しやすい温度帯を短時間で通過させることで、食中毒などの危険性が低くなります。

そのため、事前調理が可能となり、提供前に前もって加熱調理することがでます。比較的忙しくない時間にまとめて料理を作ってしまえば、忙しい時間でも少ない人数でお店を回すことが可能です。

クックフリーズはこれまではあまり使われてこなかったシステムです。ここからそのメリットとデメリットについてご紹介します。

使用する際のメリット

クックフリーズシステムを導入するメリット

保存期間が長い

クックフリーズは食品の劣化を最小限に抑えながら最大8週間もの間保存することができます。

そのため、まとめて作ってストックし、必要な分だけ使うことが可能です。また、ロスなども極限まで減らすことができます。

安全性が高い

クックフリーズは菌が活発になる温度帯(20~40℃)を素早く通過させることで、食中毒などの危険が軽減し安心した食事を提供できます。

生ものなど食中毒の危険性の高い下処理や仕込みも最低限で済むので厨房を汚さず衛生的な状態を保つことができます。

少ない人手で沢山の料理を提供できる

保存が効くのでまとめてたくさん作ることができ、調理に必要な人数を減らすことができます。また、提供時も温めて出すだけなので料理人がいなくても料理の提供が可能。人手不足を解消することができます。

この様にメリットの多いクックフリーズシステムですがデメリットもあります。その理由をご紹介します。

使用する際のデメリット

冷凍したご飯
出典:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1130196081

クックフリーズシステムのデメリットは普通の急速冷凍では味がどうしても味が落ちてしまうことがあり、満足のいく料理を出せないことです。

冷凍によって品質が劣化する

クックフリーズには冷凍が必要になります。

ですが冷凍することで食感、風味など本来のものに比べ味が落ちてしまうことがあります。お店にとって提供する料理の味は特に重要な要素。妥協してしまうとお客さんを減らすことにもなりかねません。

お客さんは安くて美味しい料理を求めています。味が落ちてしまってはその店の価値が下がってしまいます。

ここまでクックフリーズシステムの人手不足を解消するというメリット、味が落ちてしまうというデメリットをご紹介しました。人手不足の解消、美味しい料理の提供、どちらも解決できる方法があればと思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実は冷凍してもデメリットの部分である味の劣化を極限まで抑えることができる急速冷凍という方法があります。ここから急速冷凍についてご紹介します。

品質を落とさずにクックフリーズできる急速冷凍

クックフリーズシステムを使っても品質を維持し美味しい料理を提供する方法があります。それは急速冷凍することです。

急速冷凍は短時間で冷凍することで食品の細胞の損傷を最低限にとどめ、解凍しても冷凍前の状態に復元させることができます。

急速冷凍と一般冷凍の差

急速冷凍することでクックフリーズシステムを導入しても美味しい料理を提供することができ、人手不足など別の課題も克服することができます。

まとめ

いかがでしたか?

クックフリーズは人手不足を解消することができ、急速冷凍を取り入れることで提供する料理の品質もそのまま維持することができます。

今後、ただ美味しいものを提供するだけでは生き残っていけない時代が到来します。

クックフリーズシステムを導入することで人手不足を解消しつつ、安くて美味しい料理を提供しませんか。
>>急速冷凍について詳しく知りたい方はこちら

>>急速冷凍を活用した事例を知りたい方はこちら

いいなと思ったらシェア!

製品資料

お問い合わせ急速冷凍についてもっと詳しく知りたい方は、こちらから資料をダウンロードできます。また、ご質問もお気軽にお問い合わせください。

03-6453-7357

受付時間:平日 9:30~18:00

  • 今すぐ製品資料をダウンロードする
  • 導入のご相談・ ご質問
三田駅徒歩4分

三田駅徒歩4分弊社では、急速冷凍の比較テストをお試しいただけるテストルームをご用意。ご希望の方はお気軽にご連絡ください。

>凍結比較テストルーム詳細はこちら

  • すべての急速冷凍機を 一度に試せます!
  • 凍結比較テストを予約
氷点熟成機
急速冷凍機診断

カテゴリー

比較テスト
凍結代行サービス

取扱い急速冷凍機

  1. 急速凍結庫のリジョイスフリーザー
    リ・ジョイスフリーザーとは 急速冷凍動画 製品ラインナップ …
  2. 急速凍結庫の3Dフリーザー
    3Dフリーザーとは 急速冷凍動画 製品ラインナップ …
  3. depak_img_01
    デパックとは 製品ラインナップ …
ページ上部へ戻る