急速冷凍機の導入で朝の仕込み作業を大幅削減!これまで中々できなかった業務改善を実現

急速冷凍機の導入で朝の仕込み作業を大幅削減!これまで中々できなかった業務改善を実現

株式会社石はら
会社名:
株式会社かかし 様
担当者名:
遠藤社長
     芳賀料理長
導入機械:
3Dフリーザー
業種:
飲食店、宅配
凍結品目:
肉、仕込み半製品、
     調理済み完成品など
都道府県:
山形県
課題

人手が足りないため、新しく始めることに使える時間がなかった

業務効率を改善したいが上手くいっていなかった

急速冷凍機の導入を検討した経緯

店舗運営、新規宅配事業を行っていく上で、業務効率の改善がテーマでした

長年経営していたお店ですが、時代の変化と共に新しい事業モデルを考えていかなければなりませんでした。

より売り上げられる、そしてより多くのお客様に喜んでいただけるような事業を行うために、様々な方法を模索し、宅配事業など新しいことに挑戦を決めました。それが冷凍機導入の1年ほど前になります。

しかし、新たな事業を進める中で最も障害となるのが「人材不足」の問題でした。 料理長をはじめ、様々な料理の考案や難しい仕込みができる人材は貴重で、限られています。 既存の店舗運営もある中で新しいことを考えるのはとても難しいことでした。

そんな課題を「冷凍」で改善できるのではないかと考え、デイブレイクに相談をしました。 

S__29589528

急速冷凍機導入後の効果

仕込みで急速冷凍機をフル活用し、安定した品質の料理を低コストで提供できるようになりました!

様々な食材を実際にデイブレイクへ持ち込み、テストした後に急速冷凍機を導入しました。 まだ冷凍機が納品されてから1カ月半しか経っていませんが、仕込み作業で大活躍しています。

料理長が仕込んだ食材を事前に冷凍しておくことで、当日の仕込み作業が軽減し、アルバイトのスタッフでも楽に調理や盛り付けを行うことができるようになりました。

料理長の朝の時間にも余裕ができ、毎日1時間以上は別のことを考える時間を作れています。

誰でも簡単に盛り付け調理ができるようになったことで出勤時間を遅らせたり、シフト人数を減らすことで人件費を削減できるようになりました。

店舗運営のコストを削減し、さらに新規事業をより良くする為の時間が作れているので一石二鳥です。      

S__29589528
出典:http://www.kakashi.tv/buffetrestaurant.htm

今後の展望

これまで以上に急速冷凍機を使いこなす方法を考えます

さらに急速冷凍機を上手く使いこなすための方法を考えていきます。 既存の店舗経営とこれからの新規事業のどちらでも有効に使えるように、 しばらくは研究していく予定です。

冷凍できるメニューの考案などはもちろんですが、それを現場のオペレーションにいかに落とし込むかというところにやりがいがあります。

急速冷凍機を使いこなすことによって、よりおいしい料理をより多くのお客様に届けることができるため、これからの会社の未来が楽しみです。

これからも山形の看板である「かかし」を通じて多くの方に笑顔を届けていきたいです。


>>他にも導入事例を見てみる!

>>まずはデイブレイクに冷凍方法を相談してみる!
製品資料

お問い合わせ製品資料はフォームから、その他お問い合わせはフォーム、またはお電話にてお気軽にご連絡ください。

03-6453-7357

受付時間:平日 9:00~18:00

  • 今すぐ製品資料をダウンロードする
  • 導入のご相談・ ご質問
三田駅徒歩4分

三田駅徒歩4分弊社では、急速凍結のデモを行なえる凍結比較テストルームをご用意。実際の機械をお試しいただけます。

>凍結比較テストルーム詳細はこちら

  • すべての急速冷凍機を 一度に試せます!
  • 凍結比較テストを予約
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る

運営会社:デイブレイク株式会社

会社概要 弊社が選ばれるワケ

※「国内唯一」表記に関して:2017年急速冷凍機比較委員会調べ

簡単1分 まずは詳しい資料をダウンロード!

急速冷凍機の製品資料はこちらから!特長やスペック等、すべての急速冷凍機の詳しい製品資料がダウンロードいただけます。

日本でココだけ!ショールームに見に行ってみる!

すべての急速冷凍機を一度に比較!弊社では、無料デモを行なえるショールームをご用意。実際の機械をお試しいただけます。 三田駅徒歩3分